地域ねこ対策活動報告書
数年前、42825ボラが、「人と猫との調和のとれたまちづくり連絡協議会」に、まだオブザーバーとして参加していた頃のこと。
その頃は、TNRをしたらその数を報告する“地域ねこ対策活動報告書”というものを提出していました。

それが、いつのまにか自然消滅?していて、気づけばただひたすらに、活動をしているだけになっていました。

それじゃダメだよな、と常に思っていながらも、連絡協議会の集まりでもTNR数の報告を特には求められなかったこともあり、そのままになって数年。

だけど、やはり、「どこどこの町で、これだけの頭数の野良猫がいて、これこれこれだけの猫をTNRしました。」ということを明確に記録に残しておかなければ、活動が見える化しないと思い、そして、見える化しておかなければ、いくら、「地域猫は三者協働で!」といっても、役所とボランティアの二者だけでしか話しが通じなくなってしまう…。
というか、現にそうなってしまっている!
ので、改めて“活動報告書”を復活させて貰うことを提案し、復活させて貰いました。

もし、新宿区にお住まいの方で、個人でTNRをされた方がいたら、“地域ねこ対策活動報告書”というものがありますので、TNRした日付と頭数などをご自身で記録しておいて、後日役所に報告されると良いと思います。
「どこどこ町会に、どれだけの野良猫の問題がある」など、頭数=活動実績として残すことが出来るので、三者協働に繋がると思います。

おそらく、他の地域では、保健所に行って助成金の申請をすることが活動報告の代わりとなり、あえて活動報告というものは必要ないのかもしれません。しかしながら、四谷地域は、中に猫が入った重たいトラップ持って、エッチラオッチラ歩いて通える範囲に、助成金が使える病院は1軒もないので、

保健所でトラップは借りているけれど、実際、助成金は使っていないことが殆どですし、ご自身でトラップを購入し、個人でTNRされている方もいるほどです。

そんなわけで、2013年の記憶を辿り、42825ボラが今年1発目のTNRについて記した日記から…笑。


__________________________

a0134304_19263771.jpg



【気が気じゃない】

ここ数日、ウチの近くに生息してるお外暮らしの猫らが、種を残そうという本能に逆らえずギャオギャオやってることが気になって気になって仕方がなかった。

どこだろうなぁ?どこにいるんだろうなぁぁ?

と、思っていたら、猫おばさんの想いが通じたのか、早朝、彼らは恋のバトルを我が家のマンションの真下で繰り広げてくれることにしたらしい。

ベランダから覗くと、そこには、茶色い若い女の子1匹と、グレー白のオス。

てっきり、登場人物(猫)は、この2人だけだと思ってたんだけど、今朝のバトル現場に駆け付けて見たら、若い女の子を巡って、グレー白と、ウチのべっくんがやさぐれたらこーなるんじゃないか的な白ネコが睨み合ってた。


なるほどね…。


やさぐれ白ネコは、恋のバトルでボロボロ(強そうだけどね)。

「トラップ置いたら、どれかは入るだろう」と、トラップを設置して、一旦部屋に戻ったら、かしゃん!と音が。
思った通り、やさぐれ白がトラップイン。


やさぐれ、朝イチで病院行きましょね。


なんで、餌だけあげて、増えるままにするんだろう。
餌を与えている人は、やさぐれたボロボロの体を見て、なんとも思わないのかなぁ…。
小柄な雌猫がどこかで仔猫を産み、外で育てることを不憫には思わないのかなぁ。

それが自然なのかなぁ。


このあたりは、猫ボランティアをしているけど、ぐるぐる考えるばかりで、答えは出ない。
ただ、言えることは、“自然”と増やせば、結果的に、殺処分数も減らないということ。
全国で行われる殺処分のほとんどは、安楽死ではない。

「そんなの自然じゃない」と、避妊去勢することに反対な猫好きさんも、それは望んでいないと思う。


街に暮らす野良猫たちを、TNRして、適切に管理し、地域猫にしていくこと、このことは、個人では解決出来ない問題。
1匹だけTNRして解決する話でもない。

街、ぐるんでいかないと。


___________________________

先日の新宿のセミナーで行われた、日本大学文理学部社会学科の学生さんたちのまとめの言葉にもあったけれど、街にいる野良猫を減らしていくためには、やはり、地域猫活動をしていくことが1番の解決策で、地域猫というからには、子どもも大人も含め、老若男女、地域社会で「話し合い、理解し合うことが大事」ということでした。

やはり、「街ぐるんでいかないと!」なのです。

そのためには、猫おばさん・猫ボランティアだけが、実は日夜密かに頑張っている。だけではなく、問題の(誰の目にも)見える化が、必要だと思うのです。

このように、大学のゼミで研究・勉強し、これをテーマに卒論を書く学生さんも出てきている。
老若の、若のあたりでずいぶんと地域猫が認知され、市民権を得てきている証だと思います。


あとはやはり、老の人たち、ですよね…(笑)。



人とねこ研究会
http://www.geocities.jp/kinoyuki2011/index.html
[PR]
# by 42825 | 2013-12-02 18:38 | 地域猫活動
第13回 新宿にゃんにゃんセミナーのお知らせ

第13回
新宿にゃんにゃんセミナー開催



日時:11月30日土曜日 午後1時半~午後4時(開場午後1時~)
場所:戸塚地域センター7F多目的ホールにて 

プログラム
地域猫対策・新しい流れ
・改正動物愛護法と「地域猫」講演 弁護士 浅野明子氏
・社会学のゼミ研究テーマに「地域猫」トークセッション
 日本大学文理学部自主ゼミ 人とねこ研究会

http://www.city.shinjuku.lg.jp/event/eisei01_001017.html

主催:新宿区保健所 衛生課 管理係
協力:新宿区人と猫との調和のとれたまちづくり連絡協議会
協働:NPOねこだすけ
連絡先:新宿区保健所 衛生課 管理係 03-5273-3148


こういったセミナーに来る方のほとんどは、お外に暮らす猫のことに、すでに関心がある方です。
出来れば、関心のまだあまり無い方の目に、耳に届くといいなと思います。

今回は、社会科学的な視点でみた地域猫の取り組みについて。大変、興味深いです!
是非、ご参加下さい。
当日は、42825ボラも、のらねこ算Tを着て、朝っぱらから設営&受付係りで会場におりますので、お声を掛けて下さい(笑)。ご来場、お待ちしています!
[PR]
# by 42825 | 2013-11-26 14:36 | イベント情報
「ハープとヴァイオリンと猫のコンサート4」収支報告
2013年5月3日に開催いたしました、「ハープとヴァイオリンと猫のコンサート4」の収支報告をさせていただきます。

●収入
寄付 150,220円 ※1口2,000円でご寄付をお願いしました。

●支出

ハープ搬送代  20,000円
演奏者謝礼(高山さん・西本さん)  40,000円
サビーナ謝礼(宿泊代) 50,000円
チラシ印刷代   6,015円
雑費       3,190円 ※資料印刷用紙、チケット用紙、ラミネート用紙など
-------------------------------------------------------------
合計 119,205円

差引残高 31,015円

差引残高31,015円につきましては、42825の避妊去勢手術費用及び医療費に充当させていただきます。
※なお、出演者謝礼につきましては、いくらチャリティコンサートとは言え、1ヶ月前から貴重な時間を割いて練習に付き合って貰っていること、チャリティコンサートだからと気楽な感じで手を抜くようなことは、出来るはずもなく、いつもと同じようにベストを尽くしてくださっていることに対しての謝礼であり、実際のお仕事の謝礼に比べたら、なんとも薄謝であることをご理解いただけたら幸いです。

ご来場ありがとうございました!!


音響的には、体育館であることから、イマイチ演奏には適さない場所ということは否めませんが、小学校の体育館という非日常な場所で、自分たちのまわりに生活している外猫たちの話があり、しかも演奏者とお客様が同じ目線で、目の前で迫力ある生演奏を聞くことが出来て良かった。という感想を多く頂きました。また次回へ繋がるように頑張りたいと思っています。

いつもこのコンサートに付き合ってくれる、高山聖子さん&西本真子さん、本当にありがとうございます。そして今回は、アンサンブル・サビーナの皆さん、疲れているところを引き止めてのご出演、快諾してくれて本当に感謝です。
それから、当日、ボランティアで開催をお手伝いしてくださったボラ仲間・ネコ仲間の皆さん、本当にありがとう。皆さんがいなければ、コンサートの開催は不可能です。本当に本当にありがとう!

最後になりましたが、今回、快くこの場を提供してくださった、四谷小学校の皆様、先生方、校長先生、当日立ち会ってくださった副校長先生に、心より感謝いたします。本当に、ありがとうございました。



ありがとうございました☆

a0134304_074616.jpg

a0134304_0134338.jpg

[PR]
# by 42825 | 2013-05-17 13:34 | イベント情報
迷子猫のお知らせ
迷子猫のお知らせです


今朝6時、にいちゃん、無事に帰って来たそうです :)

ご協力くださって皆様、ありがとうございます。
にいちゃん、無事帰宅です。

今回のことは、猫飼いであれば(犬飼いも)、「もし自分の猫(犬)だったら」と思うと、他人事ではなく、にいちゃんのチラシを持って街を歩いただけでも、沢山の方に声を掛けてもらいました。無事に帰ってきて、本当に良かった!



皆様にもシェアしていただき、情報拡散していただけると、早く発見されると思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

■いなくなった日:5月6日 夕方
■場所:四谷 三栄町のマンション5階から逸走
■名前:にいちゃん
■特徴:茶トラ 短いしっぽ グレーの首輪をしています。
12才 ♂(去勢済み) 体重6.5㌔

飼い主さんはYさんという方です。
6日の夜、Yさんがにいちゃんを探しているところを通りかかった方より、42825へご連絡がありました。
今朝も早朝5時から捜索しているそうですがまだ見つかっていません。
チラシを作成し、今から電信柱などに貼るとのことです。
電信柱に掲示しました。

何かありましたら、42825のメールアドレス、もしくはブログのコメント欄へお知らせ下さい。
よろしくお願いいたします。

a0134304_14112326.jpg

[PR]
# by 42825 | 2013-05-07 14:12
【ハープとヴァイオリンと猫のコンサート4】


ハープとヴァイオリンと猫のコンサート4の開催のお知らせです。

42825の活動の1つとして定着してきたこのコンサートも、今回で4回目となります。去年は、残念ながら開催することが出来なかったのですが、多くの方から「ねぇ、猫のコンサートは(今年はやら)ないの?」というお声も頂き、あぁ、みんな楽しみにしてくれてるんだなと嬉しくなりました。

1回お休みした分(笑)、パワーUPで開催です。GWに、東京は四ツ谷にて、音楽に乗せてお送りする、猫おばさんの弾き語る「猫のコンサート」はいかがでしょう?


a0134304_182939.jpg


■日時:2013年 5月3日(金・祝)
■開場:13:30 開演:14:00
■場所:新宿区立四谷小学校体育館
■入場料:無料(当日1口2000円~のご寄付のご協力をお願いいたします)
■ご予約・お問い合わせ:neko42825@hotmail.co.jp

■主催:42825@649(ヨツヤネコ@ムジーク)
■後援&講演:新宿区保健所

■出演:根井まり(ヴァイオリン)、西本真子(ソプラノ)、高山聖子(ハープ)のいつもの3人に、今回は、大阪のアンサンブルグループ「アンサンブル・サビーナ」さんが友情出演!彼女たちの演奏を、東京で聴けるラッキーなコンサートです!


最初は、私に出来ることは何だろう?と思いつくままに手探りで始めたコンサートでしたが、回を重ねるごとに賛同してくれる人も増え、仲間も増え、最初は1人の想いだったものが、今では多くの仲間の想いと一緒になって、当日を迎えることでしょう。

手探りなのは、実は今もあまり変わらないのですが(笑)、それは毎日のネコボラ活動も同じです。

私に出来ることを、探りながら、でも、楽しみながら、続けていこうと、繋げて行こうと思っています。
是非、いらしてください。

出演者プロフィール
[PR]
# by 42825 | 2013-04-15 18:41



新宿区で地域ネコ活動をしています
by 42825
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧