<   2011年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧
ボランティアさんにお願いしよう。
a0134304_15335597.jpg

先日のことです。「お腹の大きな母猫がいます、産まれてくる仔猫とこの母猫のことを考えると不憫なので、保護していただけますか?」というコメントをいただきました。
さらに、ご自分は仕事をしているし、お住まいはペット不可の為、ご自分では保護できないけれど、協力が出来ることがあったら協力します、とのこと。

これまでも何度かお伝えしておりますが、42825ではこのような「可哀想な猫がいるからなんとかしてください」という“丸投げ”のご依頼をお受けしておりません。ですが、多くの方は、ボランティアさんにお願いしたら何とかしてくれる、と思っていらっしゃるかも知れませんね。

ちなみに、この方には、まず“丸投げお断り”であることをお伝えし、次に、ご自身はこの猫をどうされたいのか?をお尋ねし、避妊手術をするのであれば、手術にかかる費用の説明と助成金があることをお伝えしお返事を待っているところです。

ボランティアさんがなんとかしてくれると思ってご連絡をしてこられたのでしょうから、費用のことまではお考えでは無かったかも知れませんね。

多くの方が、「出来ることがあれば協力します」とおっしゃるのですが、協力するのは(ボランティアである)私たちではなく、「可哀想な野良猫がいるから何とかしたい」と思われた方へ(無償で)協力することが、ボランティア行為であり、このようなご依頼に対して「それは大変ですね、ご連絡ありがとうございます。」と現場に駆けつけ、費用までをも負担するということが、ボランティア(する人、行為)なのではありません。

ボランティアさん=動物愛護精神に溢れた心優しい人、ではありません。無償でこの活動に従事しているだけの、ごくフツーの人間です。シェルターを持っているような大きな団体でもありません。ですから、猫を保護するるスペースもありません。

「可哀想な野良猫がいるから何とかしたい」というお気持ちを持たれた方に対して、42825は喜んでご協力致します。が、、ただ 「可哀想な野良猫がいるから何とかしてください」というご連絡だけされても(ましてや、匿名で)どうすることも出来ません。もう一歩踏み出して、ご自分で何とかする、その為に手伝って欲しい。というご連絡が増えたらいいなと思っています。

この時期、お外にいる雌猫のほとんどが、お腹に赤ちゃんがいます。新たな「可哀想な猫」を増やさないためにも餌をあげている猫には、避妊・去勢手術をしてあげてください。その為の捕獲・通院のお手伝いも42825の活動地域であれば、喜んでさせて頂きます。

42825自身も「何とかしなければ」と思って踏み出しただけのごくごくフツーの人間です。
社会奉仕活動がしたいとか、動物愛護精神に溢れている、などということは全く無く、「なんとかしなければ」と思うような現状があったから行動を起こしただけです。(※現場1)

ボランティアさんにお願いしよう!からもう一歩踏み出してくださる方の出現をお待ちしています。
[PR]
by 42825 | 2011-04-16 15:34 | 42825について
【その後:多頭飼いレスキュー@新宿】
3.11の地震から数日後に依頼された、この飼い主急死による多頭飼いレスキューも1ヶ月が経ちました。

ボラが初めてこのお宅に入ったときは、ものすごい異臭と、怯えて小さくなって部屋中のあちこちに隠れていたネコ達を見て「期限は1ヶ月、果たして何匹の行き先を決められるだろうか?」と、その場にいたボラ一同、そう思いました。

あれから1ヶ月経った昨日、久しぶりにボラ全員で、見違えるように綺麗になった部屋で、最後の片付けをしながら、残ったネコ(ハニー・みけねこちゃん)の今後のことなどを相談しようと集まりました。

そこへ、3月からこの件を気にしてくださっていたという女性が、お見合いに来て下さり、部屋にはハニーとみけねこちゃんが居たのですが、その女性はスタスタと迷うこと無くみけねこちゃんのところへ行き、怒ってなかなか触らせてくれないみけねこちゃんをケージ越しに撫で始めました。

14日が期日であることを覚えていて下さり、最後まで残った子を迎えようと思っていたようです。

みけねこちゃんは、みけねこちゃんで、これまで1度も私たちには見せたことがないリラックスした様子でうっとりとし始めました。これには猫おばさん一同、びっくり。

みけねこちゃんは、この女性が来るのを待っていたのかも知れません。最後の最後に、みけねこちゃんが飼い主を選んだ、そう思うような出来事でした。

「今日からウチへ」と迎えてくださることになり、急遽、昨日の夕方、ボラUさんとボラTさんがお届けしてきました。


a0134304_134820.jpg


家に帰りついた頃、ボラTさんから涙声で電話があり、送られてきた写真がこれです。

みけねこちゃんは、お母さんが生きていた頃、よく、本を読むお母さんの膝の上に座っていたそうです。またそんな風に甘えられる人が、やっと来てくれた。やっと見つかった。多頭飼いレスキュー@新宿の最終日に起きた奇跡のような出来事でした。

一方、ハニーちゃんは、残念ながら今すぐには迎えてくれるお家がないのですが、預かって下さる場所と、託したい人が見つかりました。近いうちに、嬉しいお知らせが出来ると思います。

今回の新宿の猫おばさんチームで、ネコ11匹と犬1匹、1匹も殺処分すること無く、無事に新たな行き先を見つけてあげることが出来ました。若葉マークが取れたばかりのひよっこ猫おばさんな42825は、とてもいい経験&お勉強をさせていただきました。

そして、こんなに早く、しかも全頭の行き先を見つけることが出来たのは、きっと、この子たちのお母さんが手伝ってくれたからだと思います。ありがとうございました。
[PR]
by 42825 | 2011-04-14 01:41 | ネコボラネットワーク
多分、オメメだと思います。

6日の朝のことでした。
会社に行くために駅に向かっていたボラNPからボラNに電話があり、「大通りで白ネコが轢かれてる。出てこれる?」という言葉を聞き終わらないうちに、必要なものを持って駅へ向かいました。

ボラNが事故現場へ到着したときには、すでにボラNPが猫をダンボールに入れてくれていました。

小さめの左V、ふっくらした手の感じ、肉球の汚れ具合…、おそらくオメメだと思います。

オメメと分かる肝心の目が飛び出して潰れていて、顔も原型を留めておらず、断定はできませんでしたが、雰囲気がオメメでした。

いつもボラNが現場1に行くと、餌場の横に座って待ってるオメメが、このところ数日いたりいなかったり遅れてきたり…。おかしいな、と思っていました。

道路を渡った向こう側に、お気に入りの場所でも出来たのでしょうか?餌をくれる人でもいたのでしょうか?いまとなっては分かりませんが…。

このように、外で暮らす猫はやはり短命ですね。オメメは2歳になったばかりでした。


a0134304_1130253.jpg

[PR]
by 42825 | 2011-04-08 11:30 | 地域猫日記
【お見合い続いてます:多頭飼いレスキュー@新宿】
連日お見合いが続いています。今日もボラ仲間が皆「きっとお母さんが手伝ってくれてる!」そう感じるようなタイミングの良さでお見合いが進みました。

今日は、ブルーちゃんの希望者さんが、ブルーちゃんをお家に迎えてくださることが決まったので、後日お届けし、トライアル開始の予定です。


意外にもハニーちゃんにお声がかからず…。

ベテランボラも「なんでかなぁ?慣れてるし、可愛いのに」と首をかしげています。でも、こんな子、クラスに居ませんでしたか?(笑)そんなに目立つ子ではないのだけど、話してみると自分の世界を持ってる子。しっかりしてて、お勉強も出来たりする…。ハニーちゃんは、そんな子なのかも知れません。

ハニーちゃんは、抱っこも出来るし、「初めてネコを飼われる方」でも大丈夫な、お留守番も出来る良いパートナーになってくれると思います。今はまだ(他の子達もそうだと思いますが)お母さんが帰って来ないことが理解出来ていないだろうし、入れ替わり立ち代わり知らない人が家に来ることも不安だし、ただただ不安な中にいるのだと思います。

迎えてくださるお家の環境に慣れ、家族に心を許せるようになったら、きっと、表情ももっと明るい子になるのではないかと思います。


a0134304_113483.jpg
お顔は小顔で涼しいお目目、綺麗なハチワレ(バイカラー)。お鼻が黒いのは、去年の夏に保護をお手伝いした“小夏ちゃん”と同じ血筋なのだということを今日知りました(笑)。

a0134304_1293890.jpg
※去年の保護猫“小夏ちゃん”


a0134304_1174975.jpg


a0134304_118615.jpg


a0134304_1182181.jpg


ハニーちゃんへの応援宜しくお願いします。
[PR]
by 42825 | 2011-04-03 01:13 | ネコボラネットワーク
【お見合い続々:多頭飼いレスキュー@新宿】
飼い主さん急死の多頭飼いレスキュー@新宿。正直なところ、最初はどうなることかと思ったこの事案ですが、タイミング良く深大寺の譲渡会に参加することが出来たり、意外にも(失礼)、思っていたよりもずっと速いペースで良い方向へ進んでいます。きっと、天国からお母さんが手伝ってくれているに違いない…そう思います。

ご自身もまだお若く、まさが自分がこんなに早くネコ達を残して亡くなるだなんて、思っていらっしゃらなかったことでしょう。


今日は、そんな11匹のネコ達の中から、しましまシマちゃんと、大きな三毛猫ちゃんにフォーカスします。


a0134304_1117436.jpg


しましまのシマちゃん。この子は、初日に見つからなかった子です(笑)。
決して広いお屋敷ではなく、アパートの中もそんなに隠れ場所もないような間取り。なのに、猫おばさん4~5人で「おかしい、もう1匹いるはず」と一生懸命に捜したのに見つからなかった“隠れんぼ上手”のシマちゃん。

その経緯から、さぞやビビリなのかと思いきや、これが意外とマイペースちゃんなのだということが判明。そしてよく慣れている子でした。1番最初にトライアルに出た、モモちゃん程スリスリベタベタではないけれど、撫でられることが好きみたいです。
しかし、そのリアクションの仕方がまたマイペースなんですけどね。

お顔がまん丸で、お目目もくりっくりの美人さん。
※昨日のお見合いで希望者さんが即決され、近日中にトライアルを開始します。



a0134304_1123876.jpg

そしてこちらは三毛猫ちゃん。残念ながらお名前がわかりません。
この子もまた、良く育っている大きな子で(笑)、愛らしいお顔をしています。やっと、こんな表情を見せてくれるようになりました。

a0134304_11253426.jpg

耳に小さくカットが入っています。きっと元は地域猫だったのでしょう。でも、いじめられていたのか弱っていたのか…。外猫として生きていけないと思った飼い主さんが、家にいれたのではないかと思われます。この子の性格からも、そんな様子が伺えます。

a0134304_11284474.jpg


お見合いに来てくださったご家族は、仔猫の三毛猫がご希望、とのことだったので、今回は難しいかなと思いますが、こんなに可愛い子ですから、きっと「この子だ!」とこの写真を見てビビッとくる人がいると思ってます。

※三毛猫ちゃんがこのお宅にいられるのは、4月14日まで!!


お見合いご希望の方は、42825までメールで連絡か、鍵コメにてご連絡下さい。

neko42825*hotmail.co.jp(*を@マークに変えて送信してください)

鍵コメの送信方法は、こちらの記事を参考にして下さい。

<コメント欄>
a0134304_1151591.jpg

※非公開コメントの欄に✔を入れると他の人には見えないコメント(鍵コメ)となります。
[PR]
by 42825 | 2011-04-01 11:00 | ネコボラネットワーク



新宿区で地域ネコ活動をしています
by 42825
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧