カテゴリ:42825について( 6 )
のらねこ算Tシャツがご縁でした。

a0134304_12182643.jpg

すっかり、ブログがお留守になっております^^;
ですが、ブログはお留守でも、毎日の現場は蚊に刺されながら粛々と行っています。そして、毎日顔を合わせる現場のネコたちも、ほぼみな元気に夏を越しました。なかでも、捕獲しVカットを入れるのに2年を要した「1番」の懐きようは、もの凄いです。現場ボラを卒業したボラMさんにも見せてあげたい愛らしい姿です。

さて、ほぼみな元気のほぼ、というのは、ちょうど夏になった頃、フードの種類を変えたので(いつものフードが売り切れだったという理由で)、いつもとは違うフードになった頃から、(鼻が黒いから)「鼻くろ」と呼んでいる、大きな気立ての良い白猫が1匹、餌場に現れなくなりました。

もしかしたら、新しいフードがお口に合わなかったのかも知れません。健康状態はすこぶる良好そうな「鼻くろ」でしたから、病気は考えにくく、交通事故の連絡もありません。どこかに素敵なオーベルジュ(笑)があるのかも知れません。元気でいることを願っています。


ブログがお留守の間、1匹の仔猫を保護し、家族として迎えてくれる人と出会いました。
(本来であれば、このあたりを、ブログで熱く語るべきなのですが、今回は、省略させていただきます。代わりにこちらをご覧下さい。)

バタバタとネコオバサン&ネコオジサンの毎日が過ぎる中、今年の夏に取り組んだ「のらねこ算Tシャツ」がご縁で、普段の活動を取材していただくことになり、愛溢れる記事と写真で素敵に紹介してくださったので、こちらでもシェアしようと思います。

また、取材当日、一緒に来て下さった絵本作家の砂山恵美子さんの描いてくださったイラストが可愛くて、すっかりオレンジ君のファンになったボラNです。 ※注:オレンジ君という猫が主人公の絵本なのです。


お時間あるときに見てみて下さい^^

「Think the Earth」
http://www.thinktheearth.net/jp/staffBlog/2012/09/t42825.html

「絵本作家:砂山恵美子さんのブログ」
http://sunnymountain.blog44.fc2.com/?no=232#container


夏が終わり、すぐにお外暮らしのネコたちにとって厳しい季節がやってきます。ネコオバサン&ネコオジサンとして、出来るフォローをしてあげようと日々頑張ってます(ブログはサボってるけど…)。

いつも応援、有難うございます!
[PR]
by 42825 | 2012-09-21 12:36 | 42825について
構成員になりました!
a0134304_10573760.jpg



先日、地震で延期となっていた、3月12日に行われる予定だった「人と猫との調和のとれたまちづくり連絡協議会」総会にて、42825のこれまで約2年の活動報告ならびに今後の活動方針をボラN&NPで発表してきました。これまでに撮った写真なども映像でお見せして、フツーの一般人がネコボラになるまでの部分にフォーカスしたお話をしてきました。

今回は、42825以外にも、西新宿□丁目さんなど他地域のネコボラさんも参加され、その取り組みを聞かせていただけた貴重な機会でした。ちなみに西新宿□丁目さんは、驚くべき短期間にて、地域に生息しているすべての猫のTNRを終え、現在はマネジメントを町会の方たちで行っています。TNRの為の手術費用は、一口200円を町会の回覧板で集めるなどしたことが効果的だったようです。このように、他の地域で頑張っていらっしゃる方のお話を聞くことは、本当に勉強になり今後の活動に活かすことができます。

また、今回は、これまでオブザーバーとして参加させていただいていた「人と猫との調和の取れたまちづくり連絡協議会」の正式なメンバー(構成員)として、中山区長より委嘱状を頂いてきました。

すっぽりどっぷり新宿の猫おばさんとなった42825、これからも頑張って活動していこうと思います。

※写真は、我家の構成員(猫)となった去年の保護猫ミケコッコ。すっかりでっぷりなネコになりました。
[PR]
by 42825 | 2011-06-14 10:58 | 42825について
ボランティアさんにお願いしよう。
a0134304_15335597.jpg

先日のことです。「お腹の大きな母猫がいます、産まれてくる仔猫とこの母猫のことを考えると不憫なので、保護していただけますか?」というコメントをいただきました。
さらに、ご自分は仕事をしているし、お住まいはペット不可の為、ご自分では保護できないけれど、協力が出来ることがあったら協力します、とのこと。

これまでも何度かお伝えしておりますが、42825ではこのような「可哀想な猫がいるからなんとかしてください」という“丸投げ”のご依頼をお受けしておりません。ですが、多くの方は、ボランティアさんにお願いしたら何とかしてくれる、と思っていらっしゃるかも知れませんね。

ちなみに、この方には、まず“丸投げお断り”であることをお伝えし、次に、ご自身はこの猫をどうされたいのか?をお尋ねし、避妊手術をするのであれば、手術にかかる費用の説明と助成金があることをお伝えしお返事を待っているところです。

ボランティアさんがなんとかしてくれると思ってご連絡をしてこられたのでしょうから、費用のことまではお考えでは無かったかも知れませんね。

多くの方が、「出来ることがあれば協力します」とおっしゃるのですが、協力するのは(ボランティアである)私たちではなく、「可哀想な野良猫がいるから何とかしたい」と思われた方へ(無償で)協力することが、ボランティア行為であり、このようなご依頼に対して「それは大変ですね、ご連絡ありがとうございます。」と現場に駆けつけ、費用までをも負担するということが、ボランティア(する人、行為)なのではありません。

ボランティアさん=動物愛護精神に溢れた心優しい人、ではありません。無償でこの活動に従事しているだけの、ごくフツーの人間です。シェルターを持っているような大きな団体でもありません。ですから、猫を保護するるスペースもありません。

「可哀想な野良猫がいるから何とかしたい」というお気持ちを持たれた方に対して、42825は喜んでご協力致します。が、、ただ 「可哀想な野良猫がいるから何とかしてください」というご連絡だけされても(ましてや、匿名で)どうすることも出来ません。もう一歩踏み出して、ご自分で何とかする、その為に手伝って欲しい。というご連絡が増えたらいいなと思っています。

この時期、お外にいる雌猫のほとんどが、お腹に赤ちゃんがいます。新たな「可哀想な猫」を増やさないためにも餌をあげている猫には、避妊・去勢手術をしてあげてください。その為の捕獲・通院のお手伝いも42825の活動地域であれば、喜んでさせて頂きます。

42825自身も「何とかしなければ」と思って踏み出しただけのごくごくフツーの人間です。
社会奉仕活動がしたいとか、動物愛護精神に溢れている、などということは全く無く、「なんとかしなければ」と思うような現状があったから行動を起こしただけです。(※現場1)

ボランティアさんにお願いしよう!からもう一歩踏み出してくださる方の出現をお待ちしています。
[PR]
by 42825 | 2011-04-16 15:34 | 42825について
お知らせ
遠隔ボラCです。

海外在住の私は、これまで収支報告書の作成とブログの更新等、ネットやメールを通じて出来ることを担当してきましたが、都合により8月末をもちまして42825を卒業することとなりました。

短い間でしたが、42825を通じてたくさんの方々の暖かいお気持ちに触れることができ、とても素晴らしい経験をさせていただきました。

改めて厚く御礼申し上げます。

今後も42825の活動は続きます。
これからも、これまでどおり(これまで以上に)、42825の地域猫活動を応援してくださいますよう、何卒よろしくお願いいたします。

遠隔ボラC
ちびにん


追伸:昨年来、TNR資金のご支援を頂いた方々には、今年の上半期のご報告もかねて、個別にご挨拶のメールを差し上げたいと思います。ご支援くださった方でご連絡先をまだお知らせいただいていない方は、お手数ですが差し支えなければ、

neko42825*hotmail.co.jp
(メールを送信するときは、*を@に変えてください)

まで、お知らせいただけますと幸いです。
[PR]
by 42825 | 2010-08-31 23:59 | 42825について
2009年の活動報告書
遠隔ボラC@会計担当から、お知らせ&お願いです。

2009年の42825の活動およびその収支に関する報告書を作成中です。報告書は出来上がり次第、TNR費用のご支援を下さった皆様に送付したいと思います。

ほとんどの支援者の方には既にメールアドレスを教えていただいておりますが、まだ、ご連絡先のわからない方がいらっしゃいます。差し支えなければ、メール又は鍵コメで、報告書の送付先を教えていただけますと幸いです。なお、ご連絡いただく際には、こちらの記録と照合できるように、振込名義人のお名前をお知らせください。よろしくお願いいたします。

メールアドレスは、neko42825*hotmail.co.jp(送信するときは*を@に変えてください)です。鍵コメの方法は、鍵コメ(非公開コメント)をご参照ください。

近況報告
[PR]
by 42825 | 2010-01-30 18:56 | 42825について
地域猫活動グループ42825について

a0134304_232246.jpg

毎日のように通る駅までのコースに、ネコが住みついている場所がありました。餓えるネコたちを見かねた人々の中から、餌やりを始める人が出てきました。それはやさしい気持ちから始まったものだったのでしょう。でも、残飯は放置したまま、糞尿の始末もせず、避妊去勢手術を施されないままにネコはどんどん増えていき、とうとう近隣住民からネコたちへの苦情が出るようになりました。

私たちは、ここに集まるネコたちを、迷惑な野良ネコから、人と共生できる『地域猫』にしたいと思っています。新宿区の保健所と相談の上、2009年3月より 地域猫活動を始めることになりました。地域猫活動グループ42825の誕生です。


地域猫グループ42825について、詳しくQ&A形式でお知らせしたいと思います。


Q1:42825がやっている地域猫活動って、具体的にはどういう活動ですか?

A1:地域猫活動の究極の目標は、今、そこに生きている飼い主のいない野良猫たちの命を大事にしながら、将来的には不幸な野良猫の数を減らしていくこと、と私たちは考えます。

42825はTNR活動のためのグループです(TNRの意味については、次のQ&Aをご覧ください)。ここに集まるネコたち全てに去勢避妊手術を施すためには、毎日現場でネコたちと関わることが欠かせませんから、42825の日々の活動は、餌やり 餌の片付け、糞尿の始末、の3つの柱で成り立っています。※餌やりは、必要な場所のみでおこなっており、すべてのネコに餌を与えているわけではありません。
42825は、ただ餌を与えるだけでなく、必ず残った餌やお供え物(他の餌やりさんがあげる餌をこう呼んでいます。善意とはいえ、ネコには不適切な人間の食べ物が多いのが現状です)を片付けています。また、糞尿については設置してある複数のネコトイレの清掃だけでなく、トイレに不慣れなネコたちの粗相の後始末をするために、かなり広範囲にわたって現場の清掃を行っています。

それから既存の餌やりさんと連携し、近隣住民の方々にもご理解をいただけるように、現場での広報活動(というとオオゲサですが、苦情を聞いたり、その対応策を考えたり)も行っています。

しかし、まだまだひよっこな42825ですから、私どもの活動を多くの方にご理解いただくためにはどうしたらいいか、行政側の関係者のご意見を伺ったり、他の地区で地域猫活動を行っていらっしゃる先輩方へ相談しながら、苦情への対応策を考えていきたいと思っています。既にご報告した「ねこなんでも苦情相談会」への出席は、そういう活動の一部です。

さらに、ネコたちの去勢避妊手術に必要な資金を集めるため、種々のイベントを現在企画中です。

Q2:TNRって時々聞くけど、どういう意味ですか?

A2:TはTrap(捕獲)、NはNeuter(避妊去勢手術)、RはReturn又はRelease(戻す又は放す)という意味を表す英語の頭文字です。つまり、野良ネコを捕獲し、避妊去勢手術をして、元いた場所に戻す活動を、TNRと言います。この場合の捕獲は、危険な罠などを使うのではなくネコを傷つけない人道的な方法で行われます。

Q3:一旦捕獲したネコを里親募集しないで、元の場所に戻すのは何故ですか?

A3:野良状態で外にいるネコを里親さんに託すまでには、いくつものステップが必要だと私たちは考えます。

まず、捕獲後、避妊手術をしたら、寄生虫の駆除や病気の治療をしなければなりません。外にいるネコはネコ風邪や腸管寄生虫による病気にかかっていることが多いです。こういう病気は適切な処置をすればきちんと治りますが、ある程度の時間とお金が必要になります。

また、ネコの健康を回復させるのと同時に、人なれの訓練も必要です。私たちは餌やりをしていますが、外にいるネコたちが人なれし過ぎないようにも気を遣っています。外ネコたちに近づいてくる人間全てが善意の人間とは限りません。虐待目的で近づいてくる人間がいる可能性が否定できない世の中である以上、外ネコたちには適度な警戒心を持っていてもらいたいと思っています。

基本的に人間を警戒している外ネコたちが人なれするためには、数週間から数ヶ月、場合によってはもっと長い時間がかかるかも知れませんが、残念ながら、42825の各メンバーの住宅事情では多くのネコを長期間保護することは難しいのが現状です。放置しておけば死んでしまうような非常に状態の悪いネコは別として、基本的には避妊去勢手術後のネコは、捕獲した現場に戻すつもりです。

ただし、今後、保護ネコを預かってくださる一次預かりのボランティアさんが多数確保できるなど事情が変われば、現在の方針を変更する可能性はもちろんあります。

Q4:活動の場所はどこですか?

A4:42825は東京都新宿区内で活動しています。ネコたちのいる場所についての具体的な情報は開示できません。ネコたちのいる場所の詳細をネットでお知らせしないのは、心無い人間による虐待からネコたちを守るためです。また、餌やりがいる場所として広く知られてしまうと、この場所に無責任な捨てネコを誘発する可能性があることも心配です。

Q5:42825のメンバーはどういう人たちですか?

A5:それぞれが仕事や家庭を持ち、地道に働くごくごく普通の人間です。悲惨な状態で増え続けるネコたちを見るに見かねて活動を始めましたが、普通のネコ好き人間の集まりに過ぎません。地域猫活動グループとしてはまだまだ初心者マークですから、いろいろ至らないところもあると思いますが、愛あるアドバイスや建設的なご意見には素直に耳を傾けるつもりです。また、餌やりや清掃活動に一緒に参加して下さる方も募集しています。

Q6:42825へのカンパ(支援金)は、どういう用途に使われますか?


A6:日々の活動にかかる費用は、今までどおり各メンバーが負担しますが、個人で出来る範囲には限界があり、その間にどんどんネコが増えてしまうことになっては、活動自体がいずれ破綻してしまう心配があります。その一方で、日々の餌やりや清掃活動に参加できない代わりに、別のやり方で私たちを応援したいというお申し出もいくつか頂きました。そういう方には、手術費用のカンパをお願いしたいと思います。

皆様から頂いた支援金は、避妊去勢手術費用および病院で処置が必要になった場合の医療費に充てさせていただきます。もし、それ以外の目的に使用する場合は、その旨別途アナウンスし、ご賛同いただける方からのみ資金集めを行います。

なお、ご支援いただいた方には、領収書と年1回の収支決算書を送付することにより、1年間に頂いた支援金の額およびその使途の明細をご報告いたします。そのご報告のためにも、ご支援していただく場合にはお名前(ハンドルネームでも結構です)とご連絡先(メールアドレス)は、最低でもお知らせくださいますよう、お願いいたします。

Q7:どうしてフードやグッズの現物によるカンパは受け付けていないのですか?

A7:フードについては、42825の活動をサポートして下さっている動物病院から、サンプルを無料提供していただくこともありますが、基本的にメンバーの負担で購入しております。フードやグッズを寄付したいというお申し出は大変ありがたいのですが、現状ではお送りいただいた物資を保管するスペースがないことから、フードなど現物によるご支援は受け付けておりません。

しかしながら、もし、質のよいフードやグッズがたくさん集まる可能性があれば、それらを集めてバザーを行うなどの活動も可能になるかも知れません。そのようなイベントの機会があれば、現物によるご支援をお願いする可能性もございます。そのときはアナウンスを致します、よろしくお願いいたします。
[PR]
by 42825 | 2009-07-25 15:00 | 42825について



新宿区で地域ネコ活動をしています
by 42825
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧