☆お知らせ☆ ハープとヴァイオリンと猫のコンサート4
終了しました!
2013年5月3日(金・祝)
開演14:00(開場13:30)
カテゴリ:地域猫日記( 42 )
畳屋三毛ちゃんの件
せめて写真ぐらい貼りたいね…
(フェイスブックからブログに埋め込み投稿試験中。ちょちょいと写真も縮小してよ。。)


https://www.facebook.com/photo.php?fbid=317867851659301&l=ea14647fbd
[PR]
by 42825 | 2012-12-10 11:40 | 地域猫日記
現場2

a0134304_15394060.jpg


現場2の三毛猫です。

先日、嫌がらせが続いていることをお伝えしましたが、残念ながら現在もその嫌がらせは続いており、内容が次第にエスカレートしてきました。

ここ数日は、水の容器の中に機械油のようなものを入れられる、ということが何度か続いています。三毛猫がいる辺りも油のニオイがしています。もはや、いたずらや嫌がらせを越えた、虐待の域に入ると思います。

この街にずっと生き続けてきた、たった1匹の三毛猫ですら、“地域猫”になることが難しい街なのかも知れませんね。そういう街なのであれば、なお一層、コミュニティーの大切さ、人とのふれあいや交流がいかに大切かということを感じます。

三毛猫の今後については、後日またご連絡致します。
[PR]
by 42825 | 2011-06-28 15:53 | 地域猫日記
地域ネコ
a0134304_19455698.jpg
※このままでは、ネコじゃなくてブタになりそうな三毛猫、餌の重複注意!


42825の現場2は、元々は水産加工の工場でした。ボラNがネコボラを始める前、そこの前を通る度に、そこで飼われていた(集まっていた?)ネコ達が、きちんと不妊去勢手術がなされているのかが気になって気になってしかたがありませんでした。

ボラNがネコボラになり、42825として活動を始める直前に、その水産加工工場はネコを置いて無くなってしまいました。そのこともボラNがネコボラになった要因の1つです。

主がいなくなった工場跡地で、この三毛猫は仔猫を3匹産みました。1匹は、親からはぐれ、1匹は交通事故、残った1匹(ブサ⇒ブチ太)は、自力で幸運を掴むことが出来たお話は、既に皆さんご存知のことと思います。母猫であるこの三毛猫は、寿命をまっとうするまで、ボラが面倒を見ます。餌場を置かせていただいている場所や、この三毛猫がよく居るお宅との関係も上手く行っており、地域猫になりかけている矢先、ここのところこの現場2で、悲しい嫌がらせが続いています。

置かせていただいている水入れや、餌のお皿を、何者かに隠されるということが続いています。お皿を隠されるくらいたいしたことではありませんが、今後この嫌がらせがエスカレートするようなことにならなければ良いのですが…。

こうして地域猫としてひっそりと生きている1匹の猫が、そんなにも迷惑なのか?と悲しくなります。ですが、もしかしたら、たとえ1匹の猫であっても、何かしらの被害があっての行為なのかも知れませんね。

1匹の猫の向こうに、いろんな人がいるのが地域猫(活動)だと思います。この三毛がよく居る場所は畳屋さんなのですが、畳屋さんのご主人もとても良い方で、「店に入って来られて畳を引っかかれるのは絶対に困るけど、居るだけなら構わない」と言ってくださるとても温かい方です。ここに三毛猫がいることを知っている近所の会社にお勤めの方達も、三毛猫がごろごろしている光景を見て、微笑みながら横を通っていく方がとても多く、ちょっとしたなごみスポットであり、まるで看板娘のようになっています(ご迷惑なのは承知しておりますが…)。

地域の人や在勤者に見守られて、だいぶ“地域猫”になれたかな?というところでの嫌がらせに、悲しいような、うすら寒いような気持ちです。

知らない人とすれ違っても挨拶するようなことは滅多にありませんが、この猫を見て会話をすることもあり、地域コミュニティーの活性化に一役買っているのではないかと思うのですが、それは猫好きの視点なのでしょうか?

a0134304_2034082.jpg


a0134304_2034195.jpg


a0134304_20343961.jpg


ボラNがこの街に引っ越してきたときは、誰も知り合いはいませんでしたが、この猫を通じてボラNは、多くの方と知り合うことが出来ました。それだけでも、地域との交流が生まれていると言えるのではないでしょうか?

街の人全てに理解してもらうことは難しいと思いますが、嫌がらせやその先に起こるであろうエスカレートした行為を未然に防ぐことは、地域の安全を守ることにも繋がるのではないかと思うのです。
もうしばらくボランティアさんたちと頑張ってみます。応援、よろしくお願いします。
[PR]
by 42825 | 2011-06-08 20:47 | 地域猫日記
現場1コンプリート!
a0134304_18575421.jpg


先日のことです、現場1から程近いところにお住まいのSさんから、「最近、庭に見かけないネコが来るようになったので、保健所から捕獲器を借りてTNRしました」というご連絡をいただきました。

この方は、42825がTNR活動を始める以前から、ご自宅のお庭に来るネコのTNRをなさっていて、今現在は2匹のネコのTNRM(マネジメント)をされていらっしゃる方で、メールに添付してくださった写真を見たら、どうも現場1の1番っぽい!(驚)

去年、一昨年と、42825の現場ボラが、あの手この手で捕獲を試み、その度に玉砕し、正直もう無理なんじゃないかとさえ思っていた1番が、Sさんのお庭でサックリ捕まったようです。びっくりしたけど、案外そんなものなのかも知れませんね。というのも、実はSさんも、お庭に来ていたネコのうち1匹が、なかなか捕獲できずにいたところ、ある日、ふらりと耳にVカットを入れて帰ってきたそうです。普段は警戒して絶対にトラップに入らないネコでも、場所が変わると気が緩むのか?うっかり入ってしまうのかも知れませんね。

今朝現場1へ行き、1番の耳に綺麗にVカットが入っているのを見たら「ついに、とうとう!」という思いがこみ上げてきて、涙が溢れてきました。なかなか1番の捕獲が出来ないことで、心が折れかけていたボラN、本当に安心しました。

現場1については、TNRはこれでコンプリートです。あとはM、マネジメント。42825が手を入れ始めた頃に比べたら、現場のネコの数も随分と変わりました。姿を消したネコもいるし、交通事故死したネコもいます。当然、子猫は産まれていないので“地域猫”という取り組みで、確実に野良猫の数を減らすことが出来ています。


<耳カットの入った1番>
a0134304_8305119.jpg

[PR]
by 42825 | 2011-06-02 19:07 | 地域猫日記
多分、オメメだと思います。

6日の朝のことでした。
会社に行くために駅に向かっていたボラNPからボラNに電話があり、「大通りで白ネコが轢かれてる。出てこれる?」という言葉を聞き終わらないうちに、必要なものを持って駅へ向かいました。

ボラNが事故現場へ到着したときには、すでにボラNPが猫をダンボールに入れてくれていました。

小さめの左V、ふっくらした手の感じ、肉球の汚れ具合…、おそらくオメメだと思います。

オメメと分かる肝心の目が飛び出して潰れていて、顔も原型を留めておらず、断定はできませんでしたが、雰囲気がオメメでした。

いつもボラNが現場1に行くと、餌場の横に座って待ってるオメメが、このところ数日いたりいなかったり遅れてきたり…。おかしいな、と思っていました。

道路を渡った向こう側に、お気に入りの場所でも出来たのでしょうか?餌をくれる人でもいたのでしょうか?いまとなっては分かりませんが…。

このように、外で暮らす猫はやはり短命ですね。オメメは2歳になったばかりでした。


a0134304_1130253.jpg

[PR]
by 42825 | 2011-04-08 11:30 | 地域猫日記
現場の皆、元気です!
まず最初に、地震の被害者の皆様に哀悼の意を表します。
関東・東北の被災された方や動物たちの無事を願うとともに、亡くなられた方のご冥福をお祈りします。


現場のネコ達のことを、心配してくださってる方もいるのでは?と思い、様子をお伝えしますね。

現場1&2の皆は、いつもと変わらず元気です。現場2の三毛猫も12日の土曜の朝はさすがに姿を見せませんでしたが、夜には会えて餌も食べました。

現場3については、ビルの倒壊などは、ありませんが、それでも一部のビル(舗道)に地震の影響があるようです。現場3のネコ達にはあえませんでしたが、餌をあげている方が、いつもと変わらず餌を用意してくださっていました。その様子から、おそらく大丈夫なのでは?と思っています。

いつも、現場のネコ達のことを気にかけて下さり、応援してくださっている東北地方・茨城・水戸・福島方面の方々、42825の現場のネコは、皆は元気です!


a0134304_21425513.jpg

[PR]
by 42825 | 2011-03-13 21:09 | 地域猫日記
現場1



a0134304_14385236.jpg

特になんということはなく、お天気のいい日に撮った現場1の写真。
朝、ボラNが行くと、こんな風にネコ達が佇んでいます。

a0134304_14403573.jpg

手前は、オメメ。



この子は誰だろう…白ネコばかりで、実はあまりよくわからない(笑)。

a0134304_14405887.jpg

現場には、触れるような人馴れしたネコは1匹も居ませんが、2年も餌を与えているとこんな姿を見せてくれるようになりました(いいんだか、悪いんだか…)。

そんな、2009年から現在までの42825の新米猫おばさん的活動報告を、3月12日(土)に、戸塚地域センター@高田馬場で発表してきます。


第4回「人と猫との調和のとれたまちづくり連絡協議会総会」


開催日時 平成23年3月12日(土) 午後1:30~4:00

開催場所 戸塚地域センター 7階 多目的ホール


ご興味のある方は、ご参加下さい。
[PR]
by 42825 | 2011-03-09 14:54 | 地域猫日記
現場3、リサーチ&捕獲



現場ボラNとNP、早起きをして現場3へ。そんなトラップを両手に抱えた怪しげな2人組みですから、おまわりさんが警戒してました(笑)。

おまわりさん以外にも、「ねずみとりですか?」と聞かれることが多いです。その度に「いいえ、猫を捕まえます。これ以上増えないようにする為です。」と答えているのですが、街の人には、猫が今以上増えない為に捕獲するということが、あまり浸透していないようです。

a0134304_852019.jpg


今回も新たに、はじめましてな猫を確認しました。今日は、キジトラ率が高かったです。先日、リリースしたメス猫を含めて、キジトラに6匹遭遇しました。

More
[PR]
by 42825 | 2010-11-14 09:20 | 地域猫日記
秋の陣?

現場1は、通称“1番”(キジ白・オス)を残して、すべてのネコの避妊去勢手術が終わっているのですが、先日 現場1で「あれ?黒猫。しかも、耳カット入ってない」という、新たなネコを確認したので即捕獲→病院→リリースしました。オスでした。

夏場も、現場1・2以外の住宅街エリアやオフィス街でもスポット的に捕獲をしたりと、日々の現場以外での活動(というか、最近ではそちらがメイン)コンスタントに捕獲をしてきました。そして、新たに現場1近くで着手し始めた場所があり、その作業は少し大規模?になりそうな予感がします。

もうすぐそこまで来ている寒い冬を乗り越えることができずに死んでいく子猫が産まれることがないよう、まずは、蛇口を閉めること。さぁ、42825秋の陣、現場にて頑張ります。

a0134304_546418.jpg


カンパ・支援金もお願いできると助かります。ご協力お願いいたします。


振込先 三井住友銀行 麹町支店 普通預金 口座番号: 8963931
     口座名義: 42825(代表:ネイヒデヒト)


※お振込み下さる方は、メールにてお名前(ハンドルネームでも結構です)をご連絡下さいますようお願いいたします。


(by ボラN)
[PR]
by 42825 | 2010-11-06 06:13 | 地域猫日記
野良ネコの死
a0134304_8534439.jpg


先日の夜のこと。現場2付近でボラNが闇夜にまぎれて(笑)最後の1匹としてまだ残っている三毛母に餌をあげていたときに、1人のご夫人に声をかけられました。こういうシチュエーションのほとんどが「ちょっとアナタ、ネコが居つくから餌をあげないで!」と怒られるパターンなので、ビビリなボラNは、てっきり今回も怒られるのかな?と思って顔をあげましたら、どうやらその方はそうではなく、ご自宅のお庭に来る、特定の気になる子に餌をあげて下さっている方でした(耳カットも入っている子でした)。

子ネコの頃からいままでずっと、2日も顔を見せなかったことはなく、「実は、最近何度か物凄い、ネコの叫び声を聞いたので、もしかしたら虐待されているのでは?」と、いつもお庭に来るネコが顔を見せないことをとても心配なさっていました。

正直なところ、ネコが虐待されているかも…というお話を伺っても、度が過ぎたネコ好き→ボランティアでしかないボラNにはどうすることも出来ませんし、以前すでにアナウンスしていることではありますが、42825ではそういったヘルプには対応しておりません。しかし、その方が心配するお気持ちは本当によく解ります。

かといって、「虐待されてるかも?」という推測だけでは、おまわりさんに話すことも出来ませんし、保健所さんに相談しても特に何かが出来るというわけでもありません。

でも、そのお気持ちは、ものすごーくよくわかります。

とりあえずその方には、「もしかしたら、ひょっこりと帰ってくるかも知れません」とお話して、そのことを気にしながら数日過ごしていました。

そして、この週末にその方からお電話を頂きました。結末を先に言うと、そのネコは、ご自宅と裏手に建っているお家の間に落ちてすでに死んでいたそうです。そのことに気付いた裏手のお家の方が清掃局を呼んで処分されたようだ…とのことでした。とてもお力を落としていらっしゃいました。

この結末に、今回のような、単なる“処分”ではなく、その方が見つけてあげることが出来て、亡骸をお花と一緒に送ってあげられていたとしたら、少しは気持ちが違ったのになぁ~と、度が過ぎたネコ好きとしては思いますが、ボラとしては、とりあえず生死が分っただけでも良かったと思います。そしてやはり、野良ネコの寿命はこのように短いものです。

42825でも、3月、4月と現場1に顔を出していたネコを続けて交通事故で見送りましたが、そんなときにいつも思うのは、このネコの最後に関わることが出来て良かったと思うのです。現場の子たちは、生きているときには触ることなんて出来ませんが、動かなくなったその体に初めて触れて、「今度産まれてくるときは、家ネコとして産まれてきてね」と話しかけながら遺体を引き取ってもらっています。また、現場1に姿を現さなくなったネコのことは、どこでどうしているのだろうと気になっています。

単なる野良ネコの死ではありますが、そのネコに名前を付け、気にかけていた人にとっては、その死はやはり悲しい出来事です。街には、ネコのことを好きな人もいれば、嫌いな人もいる。このことをいつも頭に置いて、バランス感覚をきちんと持ちながら活動していきたいと思っていますが、今回のような結末は、正直な気持ちを言えば、とても悲しいです。地域ネコとは、好きな人と嫌いな人とがコミュニケーションをいかにしてとるべきか?どうすり合わせていくべきか?やはり、ここに尽きるのではないかと思うのです。



a0134304_1842690.jpg


※文中のネコと写真は関係ありません。現場1のモミィ&現場2の三毛猫@日向ぼっこ中
(by ボラN)
[PR]
by 42825 | 2010-10-17 09:02 | 地域猫日記



新宿区で地域ネコ活動をしています
by 42825
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク
あおぞら動物病院 
にゃんこのおうち 
いつでも里親募集中 
犬と猫の日々NEW 
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧