ハニー改めしいちゃんお届け!
昨日の土曜日、白黒シスターズ最後の娘っ子ハニーを、里親A様の元へ届けて参りました。この日をもって、ハニーはしいちゃんとなりました。

しいちゃんのご縁はいつもお世話になっている動物病院の先生を経由してつないで頂きました。里親A様はハニーが過去にてんかん発作を起こしたことがあることを全て承知の上、しいちゃんの里親になることを決意して下さいました。

しいちゃんは生後2ヶ月くらいの時に発作を数回起こして以来、その後は発作がなく元気に過ごしています。先生がおっしゃるには、子猫の時だけの発作でその後は起きない子もいるということですが、どうかそのパターンに当てはまってくれて、これからもずっと発作がないといいなと思います。

しいちゃんはA様のお宅で、しばらくはちんまりと机の下の本棚にたてこもっていたようですが、夕方には家の中をパトロールし始めたようです。おしっこもうんちもしっかりトイレでできた様子です。A様が本棚にたてこもるしいちゃんの写真を送って下さいました。

a0134304_1814268.jpg


最後の保護猫、しかも去年の8月から半年も一緒にいた子、さらには生まれて初めててんかん発作を見たがゆえに、このまま死んじゃうんじゃないかとすら思った子を送り出したボラY。送り出す前は、送り出した後でもっとさびしい気持になるかと思っていましたが、この出会いが本当にうれしくてありがたく、悲し涙よりも、うれし涙という感じです。

避妊去勢、保護や里親探しを含め、地域猫活動は決して順調なことばかりではありません。けれども、こうやって猫ボランティアを通して、色々な方の優しさや、思いやりに触れた時、本当に大きなご褒美を頂いた気持になります。

猫ボラ初心者、しかも保護と里親探ししかしていない私は、偉そうなことを言える立場ではありませんが、全ては人と人、人と猫、猫と猫とのつながりなのかもしれません。

私たちがボランティアで教えているヨガもサンスクリット語で「つながる」という意味です。ということで皆さん、是非ヨガクラスへもいらして下さいね!

最後に、今まで白黒シスターズの里親募集をご支援いただいた皆本当にありがとうございます。里親募集のバナーを貼って下さった方、里親探しのお声かけを頂いた方、ご親切に相談にのって下さった先輩ボランティアの皆様、公共機関の皆様、動物病院の先生と看護師さん、シスターズを私達へ託してご支援して下さり、最後には一緒にしいちゃんのお届けにお付き合い下さったM様を始め多くの皆様に、改めて感謝を申し上げます。



a0134304_18235519.jpg


a0134304_18344065.jpg

[PR]
by 42825 | 2010-02-14 18:39 | 里親が決まった子達
<< ハープとヴァイオリンと猫のコンサート 新入り白2匹その後.. >>



新宿区で地域ネコ活動をしています
by 42825
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧