☆お知らせ☆ ハープとヴァイオリンと猫のコンサート4
終了しました!
2013年5月3日(金・祝)
開演14:00(開場13:30)
地域猫活動グループ42825について

a0134304_232246.jpg

毎日のように通る駅までのコースに、ネコが住みついている場所がありました。餓えるネコたちを見かねた人々の中から、餌やりを始める人が出てきました。それはやさしい気持ちから始まったものだったのでしょう。でも、残飯は放置したまま、糞尿の始末もせず、避妊去勢手術を施されないままにネコはどんどん増えていき、とうとう近隣住民からネコたちへの苦情が出るようになりました。

私たちは、ここに集まるネコたちを、迷惑な野良ネコから、人と共生できる『地域猫』にしたいと思っています。新宿区の保健所と相談の上、2009年3月より 地域猫活動を始めることになりました。地域猫活動グループ42825の誕生です。


地域猫グループ42825について、詳しくQ&A形式でお知らせしたいと思います。


Q1:42825がやっている地域猫活動って、具体的にはどういう活動ですか?

A1:地域猫活動の究極の目標は、今、そこに生きている飼い主のいない野良猫たちの命を大事にしながら、将来的には不幸な野良猫の数を減らしていくこと、と私たちは考えます。

42825はTNR活動のためのグループです(TNRの意味については、次のQ&Aをご覧ください)。ここに集まるネコたち全てに去勢避妊手術を施すためには、毎日現場でネコたちと関わることが欠かせませんから、42825の日々の活動は、餌やり 餌の片付け、糞尿の始末、の3つの柱で成り立っています。※餌やりは、必要な場所のみでおこなっており、すべてのネコに餌を与えているわけではありません。
42825は、ただ餌を与えるだけでなく、必ず残った餌やお供え物(他の餌やりさんがあげる餌をこう呼んでいます。善意とはいえ、ネコには不適切な人間の食べ物が多いのが現状です)を片付けています。また、糞尿については設置してある複数のネコトイレの清掃だけでなく、トイレに不慣れなネコたちの粗相の後始末をするために、かなり広範囲にわたって現場の清掃を行っています。

それから既存の餌やりさんと連携し、近隣住民の方々にもご理解をいただけるように、現場での広報活動(というとオオゲサですが、苦情を聞いたり、その対応策を考えたり)も行っています。

しかし、まだまだひよっこな42825ですから、私どもの活動を多くの方にご理解いただくためにはどうしたらいいか、行政側の関係者のご意見を伺ったり、他の地区で地域猫活動を行っていらっしゃる先輩方へ相談しながら、苦情への対応策を考えていきたいと思っています。既にご報告した「ねこなんでも苦情相談会」への出席は、そういう活動の一部です。

さらに、ネコたちの去勢避妊手術に必要な資金を集めるため、種々のイベントを現在企画中です。

Q2:TNRって時々聞くけど、どういう意味ですか?

A2:TはTrap(捕獲)、NはNeuter(避妊去勢手術)、RはReturn又はRelease(戻す又は放す)という意味を表す英語の頭文字です。つまり、野良ネコを捕獲し、避妊去勢手術をして、元いた場所に戻す活動を、TNRと言います。この場合の捕獲は、危険な罠などを使うのではなくネコを傷つけない人道的な方法で行われます。

Q3:一旦捕獲したネコを里親募集しないで、元の場所に戻すのは何故ですか?

A3:野良状態で外にいるネコを里親さんに託すまでには、いくつものステップが必要だと私たちは考えます。

まず、捕獲後、避妊手術をしたら、寄生虫の駆除や病気の治療をしなければなりません。外にいるネコはネコ風邪や腸管寄生虫による病気にかかっていることが多いです。こういう病気は適切な処置をすればきちんと治りますが、ある程度の時間とお金が必要になります。

また、ネコの健康を回復させるのと同時に、人なれの訓練も必要です。私たちは餌やりをしていますが、外にいるネコたちが人なれし過ぎないようにも気を遣っています。外ネコたちに近づいてくる人間全てが善意の人間とは限りません。虐待目的で近づいてくる人間がいる可能性が否定できない世の中である以上、外ネコたちには適度な警戒心を持っていてもらいたいと思っています。

基本的に人間を警戒している外ネコたちが人なれするためには、数週間から数ヶ月、場合によってはもっと長い時間がかかるかも知れませんが、残念ながら、42825の各メンバーの住宅事情では多くのネコを長期間保護することは難しいのが現状です。放置しておけば死んでしまうような非常に状態の悪いネコは別として、基本的には避妊去勢手術後のネコは、捕獲した現場に戻すつもりです。

ただし、今後、保護ネコを預かってくださる一次預かりのボランティアさんが多数確保できるなど事情が変われば、現在の方針を変更する可能性はもちろんあります。

Q4:活動の場所はどこですか?

A4:42825は東京都新宿区内で活動しています。ネコたちのいる場所についての具体的な情報は開示できません。ネコたちのいる場所の詳細をネットでお知らせしないのは、心無い人間による虐待からネコたちを守るためです。また、餌やりがいる場所として広く知られてしまうと、この場所に無責任な捨てネコを誘発する可能性があることも心配です。

Q5:42825のメンバーはどういう人たちですか?

A5:それぞれが仕事や家庭を持ち、地道に働くごくごく普通の人間です。悲惨な状態で増え続けるネコたちを見るに見かねて活動を始めましたが、普通のネコ好き人間の集まりに過ぎません。地域猫活動グループとしてはまだまだ初心者マークですから、いろいろ至らないところもあると思いますが、愛あるアドバイスや建設的なご意見には素直に耳を傾けるつもりです。また、餌やりや清掃活動に一緒に参加して下さる方も募集しています。

Q6:42825へのカンパ(支援金)は、どういう用途に使われますか?


A6:日々の活動にかかる費用は、今までどおり各メンバーが負担しますが、個人で出来る範囲には限界があり、その間にどんどんネコが増えてしまうことになっては、活動自体がいずれ破綻してしまう心配があります。その一方で、日々の餌やりや清掃活動に参加できない代わりに、別のやり方で私たちを応援したいというお申し出もいくつか頂きました。そういう方には、手術費用のカンパをお願いしたいと思います。

皆様から頂いた支援金は、避妊去勢手術費用および病院で処置が必要になった場合の医療費に充てさせていただきます。もし、それ以外の目的に使用する場合は、その旨別途アナウンスし、ご賛同いただける方からのみ資金集めを行います。

なお、ご支援いただいた方には、領収書と年1回の収支決算書を送付することにより、1年間に頂いた支援金の額およびその使途の明細をご報告いたします。そのご報告のためにも、ご支援していただく場合にはお名前(ハンドルネームでも結構です)とご連絡先(メールアドレス)は、最低でもお知らせくださいますよう、お願いいたします。

Q7:どうしてフードやグッズの現物によるカンパは受け付けていないのですか?

A7:フードについては、42825の活動をサポートして下さっている動物病院から、サンプルを無料提供していただくこともありますが、基本的にメンバーの負担で購入しております。フードやグッズを寄付したいというお申し出は大変ありがたいのですが、現状ではお送りいただいた物資を保管するスペースがないことから、フードなど現物によるご支援は受け付けておりません。

しかしながら、もし、質のよいフードやグッズがたくさん集まる可能性があれば、それらを集めてバザーを行うなどの活動も可能になるかも知れません。そのようなイベントの機会があれば、現物によるご支援をお願いする可能性もございます。そのときはアナウンスを致します、よろしくお願いいたします。
[PR]
by 42825 | 2009-07-25 15:00 | 42825について
<< びじんちゃん、お渡し びじんちゃん一時預かり日記 (3) >>



新宿区で地域ネコ活動をしています
by 42825
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク
あおぞら動物病院 
にゃんこのおうち 
いつでも里親募集中 
犬と猫の日々NEW 
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧